発達障害者支援法

発達障害者支援法とは、平成16年12月10日に定められた社会福祉法です。平成17年4月1日施行されました。

この法律における発達障害の定義は、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能の障害とされています。

発達障害者支援法施行令では発達障害は脳機能の障害であるその症状が、低年齢において言語障害、強調運動の障害と定義され、発達障害者支援法施行規則においては、心理的発達の障害、行動、情緒の障害とするとされています。

発達障害者のうち18歳に満たないものは発達障害児とされ、これらの発達障害者の心理機能の適性な発達を支援したり、円滑に社会生活を送れるように医療的、福祉的、教育的援助を行うという概要になっています。

この法律は日本において長年取り残されていた発達障害者をきちんと社会福祉法において定義確立して、援助の道を開くことを目的としています。これによって発達障害を早期発見したり、国や地方公共団体が責任をもって発達支援をし、発達障害者の自立と社会参加をも支援するというものです。このことで、発達障害者支援センターが各都道府県に設置されました。

発達障害者支援法にはありませんが、他の支援制度として療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付が受けられる場合があります。これらはお住まいの都道府県によって対応が違いますが、それぞれ交付のために障害の程度などの判定を受ける必要があります。税金面での控除や公営住宅の優先入居など色々な支援を受けることが出来ます。

(Visited 128 times, 1 visits today)
スポンサーリンク