ADHD(注意欠陥・多動障害)とは

ADHDは、注意欠陥多動性障害と呼ばれ、その特徴としては、「集中できない」「気が散りやすい」という不注意、「じっとしていられない」「落ち着きがない」という多動性、「順番が待てない」「直感で行動する」という衝動という症状があります。

ADHDの子供には知的障害はありませんが、感情や行動を理性的にコントロールすることが出来ないので、周囲の人からは、親の教育が悪いとか、暴力的でやんちゃな子どもというような誤解を受ける事が多いです。

年齢にしては不釣合いな行動や言動がありますが、小学校などでも授業中に立ち歩いたり、どこかへ行ってしまう、周りにちょっかいをかける、先生が静かにするように促しても空気が読めずにずっとしゃべり続ける、忘れ物や落し物、無くし物が多い、ルールを守れないという行動があがります。

いろいろな問題行動をチェックして、ADHDではないかと疑いがある場合は、出来るだけ早く診断を受けて治療を受けましょう。治療には「行動療法」と「薬物療法」があります。行動療法では、本人に適切な行動パターンを認識させたり、周辺の環境を整えます。薬物療法では集中力や注意力を緩和させることもできます。

ADHDと認知されずに生きてきた人は、子供のころから人格否定されるような扱いを長年受けてきている場合が多く、自己否定的な感情しか持てないようになったり、他の人や動物を虐待したりという問題行動を起こす場合があります。出来るだけ早い段階でADHDの障害を認め、支援していく必要があります。

(Visited 307 times, 1 visits today)
スポンサーリンク