発達障害の診断書は提出すべき?

medical-certificate病院で何らかの発達障害であると診断され、診断書をもらったらどうしたら良いのでしょうか?

これはお子さんが発達障害である場合は各家庭、発達障害者本人が大人の場合はその本人と家族が発達障害であることをどのように受け止めて社会で生きていくかということをしっかり考えた上で行動しなければいけません。

診断書を学校や会社に提出するということは、発達障害をカミングアウトして生きていくということです。それに対してメリットもありますが、デメリットもあります。学校に提出すると色々な問題行動が発達障害が原因であるということが認知されますので、学校の先生の対応も違ってきますし、特別支援学級などへの通級も可能になります。手厚い対応が得られるということです。

しかし、大学に入って就職活動をしたりする時に、発達障害であることをカミングアウトすることによって採用が難しくなったりする場合があります。会社に入ってから公に発達障害であることの診断書を提出すると配属先や職種の変更などが優遇されることもありますが、対応が悪くなる会社もあります。

知的障害のない発達障害だけでは障害年金はもらえません。しかし、障害者手帳を持っていない場合でも、ハローワークではあらかじめ事業主に発達障害であることを明かして理解を得た上で就職すると発達障害者雇用開発助成金という補助金がる制度もあります。この制度は発達障害者を雇用する事業主にも受給権利があります。

(Visited 1,984 times, 1 visits today)
スポンサーリンク