発達障害とは?その特徴・症状・診断方法を30分で速習できるサイトです

header

当サイトへようこそ。

当サイトは発達障害をご家族にお持ちの方やご本人様を対象に、たったの30分で発達障害の基礎知識を学べることを目的に公開されました。

発達障害の特徴、症状、遺伝との関係、診断方法や診断されたときの対処法、大人の発達障害者に適した仕事、子供の発達障害の治療法、発達障害を支援する仕組みなどの情報が満載です。

当サイトの厳選記事を読むことにより、短時間で発達障害の概要をつかむことができます。それでは、さっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

発達障害とは

発達障害と聞いて具体的にどんなことなのか想像できますか?

発達障害とは自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性な発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であって、その症状が通常低年齢において現れるものとされています。

一口に発達障害と言っても、かなり範囲が広い障害を指しているということです。一つの発達障害をとってみてもタイプは色々で、はっきりと区分けするということは極めて困難になってきますし、症状が少しずつ重なっている場合も少なくありません。

何らかの発達障害があるということが分かっていても、発達障害の専門家が診断する年齢や環境の違いということによって、症状がひどく現れたり、診断時期によっては発達障害の種類も誤ってしまうこともあります。診断してもらうとしても、非常にデリケートな面があるということをよく考えておく必要があります。

実際にお子さんや周囲の人で発達障害がある人がいる場合、その人のことを理解してコミュニケーションをとることが重要になってきます。

何ができて、何ができなかったり、苦手としているとか、どんなことに興味があるのかというような、その人その人に寄り添った発達障害への理解を周囲の人が配慮して接していくことで、様々な困難も乗り越えて生きていくことが出来ます。

発達障害とはどういうものなのかと言うことを知ることができれば、皆が明るく暮らしていける世の中となるでしょう。

偉人や、世界的に名を残している有名人にも発達障害を抱えながら成功している方が多くいらっしゃいます。詳しくは以下のサイトをご覧下さい。→ 発達障害の芸能人や有名人

発達障害の特徴

発達障害とは、脳機能の発達に障害がある生まれつきの障害です。

見た目は健常者と全く変りませんので一見何も問題がないように見えますが、その行動や態度が一般的な場合と違うので、「変わった人」「困った人」「空気を読めない人」ということで周りから誤解され敬遠されることも少なくありません。

特にコミュニケーション能力や対人関係を築くことが苦手なので、子供の頃からいじめられたり、友達が出来なかったりという場合が多いです。

乳児期、1歳くらいの赤ちゃん時代は、あまりはっきりした特徴は出ませんが、他の赤ちゃんに比べて泣き叫ぶことが多かったり、母親であっても抱っこを嫌がったりという特徴がある場合もあります。

2歳、3歳ころになると表情が乏しかったり、笑わないという場合もあります。強いこだわりがあったりして、お母さんにしてみれば育てにくい子供であると感じるのもこの頃かもしれませんが、はっきりした発達障害の診断はでません。

発達障害であるという診断が出来るようになるのは4歳くらいからです。小学生になると、周りと馴染めなかったり、学習上の問題、不注意が多いなどという指摘を先生などから受けることがよくあります。

発達障害は一生の障害ですが、早めに診断を受けて対処すれば周りの人たちの理解を得て生活できるように対応することも可能です。しかし、大人になるまで放置されることによって全く社会に馴染めず、問題が深刻になる場合があります。

発達障害の症状

発達障害といっても範囲は非常に広く、症状も色々な障害で重なっている場合がありますし、赤ちゃんや子供から大人に至るまでに表面に出てくる症状も変ってきます。また、軽度のものから重度のものでは程度もかなり違ってきます。

大人になるまでに症状が薄れることも多いのですが、社会に出てから仕事が出来ない、職場の人とコミュニケーションが取れないなどで発達障害を自覚するという人も増えています。

自閉症、アスペルガー症候群など広汎性発達障害と言われるものは、対人関係や意志伝達が苦手です。

小さい子供の場合、視線が合わない、指差しをしない、人真似をしない、お友達と遊ばず一人で黙々と遊ぶ、言葉の発達が遅れている、チックのような同じ動きの癖がある、ある行動や順序、遊びに異常なほどこだわる、感情の起伏が激しいなどです。

これらは重症で大人になっても症状があると言う場合から、軽症でほとんど気が付かないという場合まで程度に差があります。

注意欠陥・多動障害では、

  • 注意力や集中力がない
  • 落ち着きがない
  • すぐにカッとなる
  • 指示に従わない
  • 宿題や課題などをやり遂げられない
  • 毎日の活動にも関わらず忘れる
  • 話しかけられても聞いていないように見える
  • 高いところに登る
  • しゃべりすぎる
  • 静かにできない
  • 順番が守れない

などの症状があります。

7歳を過ぎてもその症状があるようならばADHDと診断されます。学習障害(LD)は知的発達に遅れはないにも関わらず、学習に必要なある技能が出来ない場合があります。軽度の場合は小学校まで気づかない場合もあります。

発達障害の診断方法

幼児の発達障害の診断時には知的検査、発達検査、性格検査を行います。知的検査では精神年齢と実精神年齢を比べる「田中ビネー式知能検査」、言語と視覚情報のどちらに理解があるか、伝達事項をどの程度覚えているかなどを見る「WISC-Ⅲ」が代表的です。

知的検査を行うことにより学習指導や就学指導、障害者認定などが、より的確に行われるようになります。

発達検査では実年齢との知識、適応力、運動能力などを調べます。移動運動、手の運動、基本的習慣、対人関係、言語理解、発語など6領域の発達年齢を調べ、精神年齢、身体的発達など全体的に発達を見極める「遠城寺式乳児分析的発達検査法」や、運動、認知、言語などが発達年齢段階を測定する「新版K式発達検査」などがあり、軽度発達障害の早期の発見に有効ですし、乳幼児や小学生などの療育にも役立ちます。

性格検査では、インクのシミが何に見えるかと言うことから、その人の性格や人格を計ろうとする「ロールシャッハテスト」、文章の続きを考える「文章完成法」などを行います。

LD(学習障害)では知的障害がないという前提で、認知能力のバランスを見ます。

ADHDでは、7歳までで不注意、多動性、衝動性などがあり、学校や家庭などで適応しにくい場面がある可能性が高くなります。

アスペルガー障害は、会話コミュニケーション力が低く、良好な人間関係を築けない、こだわりがあるなどの特徴を判断基準とします。幼児の発達障害の診断では3歳くらいにならないと診断が付かないと言われるケースが多くなっています。

大人の診断にも同じような検査が行われますが、WISC-Ⅲや遠城寺式乳幼児分析的発達検査法などは成人の検査には不向きです。また、大人の診断には、子供の頃からの様子を出来るだけ提示できたほうが診断しやすくなります。しかし、実際には大人の発達障害を診断できる精神科医などが非常に少なく、探すことも困難で、発達障害でありながら他の精神疾患の診断が下っているというケースは決して珍しい事ではありません。

発達障害と遺伝の関係

発達障害が遺伝によるものなのかということは良く言われますが、遺伝率は極めて高いということが科学的に証明されています。特に日本では遺伝病であるという考えが強い傾向にあります。子供が発達障害の場合、親が発達障害であるという場合が多く、その親というのも父親である確率が高いです。

しかし、発達障害の父親を持っていても兄弟全てが発病するわけではありません。また、両方の親が発達障害でなくても子供が発達障害である場合というのは、発達障害の遺伝子を持っていてもたまたま発病していなかったという場合です。

まだまだ研究が進んでいないのではっきりしたことは分からないという場合も多いのですが、発達障害というのは脳のメカニズムの異常です。その脳を作るのがどの遺伝子なのかということも徐々に解明されつつあります。研究が進めば、遺伝子異常がある人の遺伝子から治療するという方法も模索されています。また、子供に発達障害が遺伝しても早いうちから検査して対策していけば、症状が少なくなる、もしくは無くなるということもあります。

子供でも大人でも発達障害が遺伝的に考えられ、学校や会社での生活になかなか馴染めないというような悩みがあるなら、出来るだけ早い段階で検査を受けて診断してもらうということは大切です。また、発達障害は遺伝だけ理由であるとは限りません。染色体異常、お腹の中にいる時に感染する、分娩時の異常、生まれてからの病気、また、環境的な原因もあるということが分かっています。

(Visited 6,072 times, 1 visits today)
スポンサーリンク